発電機 防音

Acoustic Design

発電機の防音 非常用発電機 防音
発電機の防音工事・対策 発電機の防音対策

発電機の防音は、KAG  "Kurokawa Acoustic Group"へ


工場・災害避難所などの非常用発電機の防音壁、防音工事は、ANS防音コンサルタンツへ
震災の影響により、発電機を設置する工場が増えています。しかし、その発電機は、騒音レベルが100dBを超えるほどの大きな騒音を発生し、敷地境界の住宅や、周囲で作業する作業員に影響し問題となります。
曙工業では、現場の環境に対応し、その騒音レベル、周波数特性、現場の設置状況、及びお客様のコストなどの条件を検討し、その現場に最適な防音パネル・防音壁などでの防音対策をご提案・製作させていただきます。
Design

Home
Profile
Link

発電機防音壁の効果を向上させるポイント

 防音壁の効果は、回折の距離を大きくするため、壁の高さを高くすることはもちろん、騒音源側(壁内側)の吸音性能を上げることです。たとえば、防音壁以外の建物で囲まれている部分がある場合は、その部分に吸音材・吸音パネルを貼り、反射音を少なくすることがポイントです。また、防音壁は、できるだけ音源に近い位置に設置し、壁の両サイドからの廻り込む音、防音壁を透過する音にも注意が必要となります。曙工業は、その場所に適した、最良な騒音対策・防音工事をご提案させていただきます。

■ 発電機防音壁の回折効果 計算方法

発電機の防音壁回折効果




Copyright(c)2010 KAG Kurokawa Acoustic Group All Rights Reserved
inserted by FC2 system